ドルチェグストの仕組みについて!すっげえぞ!

ドルチェグストだけに限ったことではありませんが、カプセルコーヒーってものすごく不思議ですよね。

だってタンクに水を入れてカプセルを装着してボタンを押すだけで、熱々のコーヒーができるのですから。

実に不思議です。

そんなことから本来やってはいけないかも怪しいですが、お湯のためだけに動作させることもあります。

お湯を作るにしても便利。

さすがドルチェグストです。

そこで今回はドルチェグストの仕組みを解剖しましょう。

ドルチェグストの仕組み

音がうるさい理由

ドルチェグストに限らずカプセルコーヒーメーカーは基本うるさいです。

騒音というまでではありませんが、雰囲気の悪い家庭ならうるさいと言われても仕方ないでしょう。

ちなみに筆者の家庭は円満なのでそのようなことは言われず「いい香り」と言ってくれます。

それはさておき、なぜドルチェグストは音が立つのでしょうか。

それはポンプがお湯を送り込んでいるからです。

ドルチェグストはポンプ式だからこそ、圧力をかけて抽出することができます。

圧力をかけることでコーヒーの旨味成分がより凝縮されるのです。

ちなみに現在ほとんどのエスプレッソマシンがこの電気ポンプ式を採用しています。

ですからドルチェグストはエスプレッソマシンの技術を転用していると言っても過言ではないでしょう。

もしかしたら、同じネスレ社だけにネスプレッソの技術を一部採用しているかもしれません。

水が急速加熱される仕組み

肝心の水がすぐにお湯に変わる仕組みですが、ドルチェグストは本体内蔵のヒーターによって急速加熱されます。

そして復習になりますが、その加熱されたお湯をポンプが大きな音をたて、一定の速度で送り込みます。

というわけで水が急速加熱される仕組みはいたってシンプルです。

瞬間湯沸かし器みたいなものと思っていただければいいでしょう。

それをポンプで送り込むのが、よくあるエスプレッソマシンです。

カプセルの仕組み

ついでにカプセルの仕組みについてもお話ししておきましょう。

カプセルの中には粉末が入っています。

一見すると液体でも入ってるかのように思えますが、コーヒーだったらコーヒー粉です。

なぜカプセルコーヒーが美味しいのかというと、カプセルが品質を保持してくれるから他なりません。

さらにカプセルの中に窒素ガスを注入することで酸化を防いでいます。

ですからカプセルの中というのはコーヒーにとって最高の環境というわけです。

だからこそ、カプセルコーヒーは美味しい。

以上が、カプセルコーヒー及びドルチェグストの仕組みです。

技術革新万歳ですね。