ドルチェグストを無料でもらう方法

ドルチェグストは無料でもらうことができます。

今回は無料の仕組みと条件についてお伝えしましょう。

その前にまずは2通りの無料パターンについて。

ドルチェグストの無料パターン

  • 個人用
  • オフィス用

もしあなたが個人でドルチェグストを無料で手に入れようとしているなら、カプセルの定期便に申し込む必要があります。

一方でもしあなたが法人で利用しようと考えているならネスカフェアンバサダーに申し込む必要があります。

当然ですが、定期便はカプセルの分だけお金がかかります。

カプセルもちょっと安くなりますが。

対するネスカフェアンバサダーも定期購入が必要です。

では一体、個人とオフィス用では何が違うのか。

それは、最終的なマシンの所有権です。

個人では定期便を一定期間頼むと、最終的にマシンは自分のものになります。

オフィス用ではどんなに経ってもマシンは自分のものになりません。

いわばレンタルです。

ただしこのような見方もできます。

個人では中途解約金を支払うリスクがあるということ。

オフィス用ではいつ辞めても返送料しかかかりません。

最も最終的な判断は利用場所によるでしょう。

オフィスで頼むなら、アンバサダー。

自宅なら定期便。

自宅兼事務所の方はお好きな方をお選びください。

ドルチェグスト 無料の条件

というわけで、ドルチェグスト無料の条件はすでに出てしまいました。

個人、オフィスどちらにせよ、カプセルの定期便に申し込む必要があります。

復習すると、個人用には最低利用期間があり、オフィス用ではいつでも解約できるということです。

ちなみに気になる解約料ですが、そこまでマイナスに考えることはありません。

中途解約のペナルティーではなく、ただのマシン代ですから。

万が一中途解約するにしても最初に支払うべきマシン代が後ろにくるだけの話です。

しかも定期便には他にもメリットがたくさんあるので、どうせ買うなら入らにゃ損と言えるでしょう。

ドルチェグスト 無料のカラクリ

わかった人の方が多いでしょう。

なぜ高価なドルチェグストというマシンを無料で配ることができるのか。

それは企業的にカプセル代金で元を取れるからです。

いわば無料キャンペーンは、販売プロモーションの一つとなります。

仕組み的にはウォーターサーバーと一緒で、マシンは無料で水ボトルで回収するという算段。

上手なビジネスですね。

というわけで無料と聞いて怪しげに感じる必要はありません。

しっかりと企業側が儲かるようになっていますから。

もちろん企業側が儲かると言って、こちらが損することはないです。

とても美味しいコーヒーが素早く手軽に飲めるわけですから。